天王寺の歯医者なら川上歯科あべの診療所

川上歯科あべの診療所

医療法人 富歯会

診察のご予約はこちらまで
0120-06-8211
【電話受付】9:30-19:30
川上歯科あべの診療所 虫歯を治したい方へ

虫歯を治したい方へ

川上歯科あべの診療所

診療時間
9:30~12:30
14:00~19:30
~17:00
  1. ※休診日:日曜、祝祭日、年末年始、お盆の時期
    ※日曜日の診療は第4日曜のみ
    (日曜診療は変更になる場合がございます。事前にお問い合わせ下さい。)

虫歯の治療、根管治療について

自覚症状がなくても歯医者さんで虫歯を発見されることもあれば、歯がしみるなどの症状が現れてから虫歯に気付くこともあります。虫歯は進行度合いによって、治療法が異なります。大切な歯を守るためには、少しでも虫歯が小さいうちに治療を開始しましょう。

虫歯になると、様々な症状が現れます。
もしも以下のような症状にお悩みでしたら、早めの治療をおすすめします。

川上歯科あべの診療所 虫歯を治したい方へチェック項目
  • 歯が茶色や黒に変色している
  • 冷たいものや熱いものがしみる
  • 歯が痛い
  • 歯がズキズキする
  • 歯茎が腫れる
  • 歯の上部が溶けて根っこしか残っていない
  • 詰め物、被せ物が取れた
  • 食べ物が詰まる
  • 歯に穴が開いている
  • 歯の表面が白っぽい

虫歯の進行度

虫歯は経過観察で済む初期虫歯から重度の虫歯まで、5段階に分けられます。

・CO
ごく初期の虫歯で治療の必要はなく、経過観察になります。
歯の表面のエナメル質が溶かされてツヤがなく、ザラザラしていたり、白濁や茶色い褐色斑が認められます。痛みなどはほぼありません。
ミュータンス菌が出す酸によって口の中が酸性に変わると、歯の表面が溶かされてカルシウムやリン酸といった成分が溶け出します。これを「脱灰」と呼びます。しかし、唾液の中にあるカルシウムなどは「再石灰化」によって、再び歯に戻ります。
初期虫歯では再石灰化を促進するフッ素を塗布して歯を強くするなど、歯の治療はせずに様子を見ます。

川上歯科あべの診療所 虫歯の進行度CO
・C1
歯の表面のエナメル質が溶かされて、穴が開いた状態です。虫歯がエナメル質のみに限られているため、痛みはほとんどありませんが、甘いものや冷たいものを食べるとしみる場合もあります。

治療方法について「レジン」

川上歯科あべの診療所 虫歯の進行度C1
・C2
エナメル質の下の象牙質まで虫歯が進行した状態です。冷たいものや熱いものがしみるようになります。
麻酔をしてから虫歯を削って型を取り、詰め物をします。

治療方法について「インレー」

川上歯科あべの診療所 虫歯の進行度C2
・C3
虫歯が歯の神経(歯髄)にまで達した状態です。穴が開いて黒く見えることもあります。虫歯が神経に達すると、歯がしみたり、ズキズキしたり、歯茎が腫れたりします。
麻酔をかけて歯の神経を取り除き、被せ物をします。

治療方法について「クラウン」

川上歯科あべの診療所 虫歯の進行度C3
・C4
歯の上部(歯冠部)がほとんど崩壊して、歯の根の部分だけが残った状態です。神経は死んでいるため、普通は痛みませんが感染した歯では膿が溜まり、歯茎が腫れて炎症を起こすこともあります。神経が保存できない場合は、抜歯する場合もあります。

治療方法について「根管治療」

川上歯科あべの診療所 虫歯の進行度C4

虫歯の治療

虫歯の治療は虫歯の進行度によって、治療内容が変わってきます。

・レジン
比較的虫歯が小さければ、虫歯を削ってコンポジットレジンを詰めます。
また小さな虫歯だからといって油断してはいけません。虫歯の進行は中の神経から起こることもあります。神経が感染してしまうと、深く進行した虫歯の処置と同じ根管治療を行わなければならず、注意が必要です。

虫歯の進行度 C1へ戻る

川上歯科あべの診療所 レジン
・詰め物(インレー)
レジンは白い樹脂製の材料で、強度は低いため、大きな虫歯には詰め物(インレー)を使います。
詰め物は保険が効く銀歯以外に、保険適用外のゴールドインレー、オールセラミックインレーやハイブリッドインレーなど、白い材料もあります。

虫歯の進行度 C2へ戻る

川上歯科あべの診療所 詰め物(インレー)
・被せ物(クラウン)
虫歯が大きくなると、神経を取り除いて土台を立てたあとに被せ物をします。保険が適用される被せ物には、金属表側に白いレジンを貼り付けた硬質レジン前装冠、金属を使っていないCAD/CAM冠、銀歯などがあります。
保険適用外の被せ物には、オールセラミック、ジルコニア、ゴールドクラウン、メタルボンド、などがあります。

虫歯の進行度 C3へ戻る

川上歯科あべの診療所 被せ物(クラウン)
・根っこの治療(根管治療)
虫歯が神経に達してしまった時は、歯の根の治療(根管治療)を行います。根管治療はリーマーやファイルといった器具を使って歯根内部にある神経を取り除き、根管内を清掃して消毒します。最後に細菌が入らないよう薬剤を充填します。
根管治療をした歯でも、細菌が繁殖して炎症を起こしたり、歯根の先端に膿が溜まる「根尖性歯周炎」を誘発したりすることがあります。歯茎に膿の出口ができ、歯茎が腫れる場合もあります。

虫歯の進行度 C4へ戻る

川上歯科あべの診療所 根っこの治療(根管治療)

まとめ

一度酷い虫歯になってしまうと、歯は再び元には戻りません。虫歯になった歯は、少しでも長く使えるように処置を行います。
抜歯という判断が下される前に、早めの治療をおすすめします。

川上歯科あべの診療所 虫歯を治したい方へまとめ

阿倍野の歯医者なら川上歯科あべの診療所

川上歯科あべの診療所
〒 545-0052 大阪市阿倍野区阿倍野筋1-6-1 Q'sタウン1階
TEL
0120-06-8211
診療時間
9:30~12:30
14:00~19:30
~17:00
  • ※休診日:日曜、祝祭日、年末年始、お盆の時期
    ※日曜日の診療は第4日曜のみ
     (日曜診療は変更になる場合がございます。事前にお問い合わせ下さい。)