ホーム > CT画像について

CT画像について

歯科用CT(断層撮影装置)は、人工の歯“インプラント”の普及とともに、近年、歯科医院に導入されるようになりました。

インプラントは歯の欠損した部分の骨にチタン製の人工の歯を植立するため、骨の幅や高さや形状を細かく知る必要があります。
また、骨の中を走行する神経や血管や空洞などの位置をしっかりと確認し、傷つけないように手術しなければなりません。
とくに、骨が吸収されて少なくなっている場合などで、インプラントを植立するために骨を造成して骨の量を増やす手術をする場合には、ぜひともCTが必要となります。

また、下顎の親知らずの抜歯の場合に、親知らずの根の先が神経に近い場合があって、抜歯することで同側の口唇が麻痺することがあり、そのチェックにもCTは有効です。

この様に、 CTを利用することで従来のレントゲン撮影では得られなかった様々な情報を知る事ができ、より正確な診断と安全な処置が可能になりました。